市民ネットワーク・のだ



「市民ネットワーク公式キャラクター ネットりん」
編集発信
  市民ネットワーク・のだ

    所在地:野田市野田312
    TEL:04-7123-6981
    FAX:04-7123-6982


あなたのご意見を
お聞かせください。


facebook

野田市議会議員
◎小室みえこ
 
                                                      更新日:2016年8月29日

市民ネットワークの
        3つのルール

●議員は原則2期、
   最長3期で新人に交代
●議員報酬は市民活動に還元
●選挙はカンパとボランティア


24年間の
     代理人運動

1986 第1期代理人 田口いく子
1990 第2期代理人 田口いく子
1994 第3期代理人 田口・越智
1998 第4期代理人 越智・田口
2002 第5期代理人 越智・中井
2006 第6期代理人 中井・岡田
2010 第7期代理人 小室みえこ
岡田(2013夏まで)
2014 第8期代理人 小室みえこ

 市政相談

 暮らしの中で困ったこと、心配事、市への提案など何でもご相談ください。
 小室みえこが、個別にお話を伺い解決に向けてお手伝いします。

市民ネットワーク・のだ 事務所
住所:野田市野田312
(欅のホール交差点を消防署方面
    岡田鶏肉店となり)
 月・水・金 10:00~15:30
      Tel 04-7123-6981
      Fax 04-7123-6982
 
 みさなまからの温かいご支援、
貴重な1票有難うございました。

 選挙期間中多くの方から寄せられました励ましや、貴重なご意見から、市民の皆さんのお役に立てますよう、日々精進し、活動しております。
       選挙臨時HP1面
 
  わたしの声 みんなの声
  だから市民ネットワーク!

オレンジカフェ一番街
のだネット事務所にて
毎月
1日 開催
13時半~15時半

のだネット事務所では、毎月1日、「オレンジカフェ一番街」を開催。
 認知症の方や、介護をされているご家族、地域の方など誰でも参加できるおしゃべりの場を開催しています。
 お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、歌をうたったり。
どなたでも参加可能です。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。


9月1日はお菓子づくり
10月1日は国民保険の勉強会

2015年11月4日
東京新聞に掲載されました


●安倍政権への抗議に7団体 
安保法・憲法を考える催し相次ぐ


  ★『こうのとり』のチラシについて
『市民ネットワーク』と称した団体名で、野田市のこうのとり施策を称賛するビラが配布されていると、市民の方から多くの情報が寄せられました。
当団体とは無関係であり、市民ネットワーク・のだといたしましては、一貫して【
こうのとり施策に反対】という意見を表明し続けております
市民ネットワーク・のだ
通信を指定された住宅地のポストに配布してくださるボランティアを募集しています。

通信は年4回
発行しております。

例えば、100戸に配布するのに、およそ1時間程度かかります。
お住まいの場所や、ご都合に合わせて、無理のないよう、個別に配布地域・戸数などを打ち合わせします。

★ボランティア協力いただける方が年々減少傾向にあります。
少ない数からでもかまいません。
皆様のお力をお貸しください。

ご協力を、どうぞよろしくおねがいいたします。


        @ネットりん
お問合せ:
 市民ネットワーク・のだ
    TEL: 7123-6981
 
 一般会員
  年会費
2,000円
(年4回の、のだネット通信、議会報告などの郵送代含)
(市民ネット・千葉県 会費500円 
 年4回の県ネット情報誌発送代含)

  
募金(カンパ)
おいくらからでも♪

振込先 
 市民ネットワーク・のだ
 郵便局 口座番号
 00110-6-655282

※振込手数料は当団体が負担します。
手数料を差し引いた金額をお振込み下さい。

次回の市民相談は

紙ふうせん 岩名店
(☎7127-4478)
  2016年
    8月 4日(木)
   10月 6日(木)

新事務所(☎7123-6981)
  2016年
    8月 3日(水)
   10月 5日(水)

    どちらも14時~17時

市民ネットワーク・のだ
 Tel   04-7123-6981

Fax   04-7123-6982
 
 2016年 秋
   おかげさまで
   事務所移転1周年
       を迎えました

 
「市民ネットワーク・のだ」は野田市のまちづくりと南北両地域の活動の利便性から考え、今後の活動を更に大きく発展・飛躍するために2014年11月、欅のホール近くに移転移転しました。

 1995年から16年「大殿井事務所」において、2010年から4年「愛宕事務所」において、活動してまいりました。

 特に近隣の皆様には言葉に表せないご信頼とご支援を頂きました。心から深く御礼申し上げます。

 2011年、東日本大震災や、それに伴う福島原発からの放射能漏れという大きな問題が発生、今だ復興・解決の目処が立たない現状です。。

また、産業廃棄物処理施設(有)柏廃材処理センターの問題をはじめ、皆さまからの貴重なご意見や問題提起に真摯に向き合い、安全・安心な暮らしを求め、より一層力を入れて取り組んで参ります。


 市民ネットワーク・のだでは、昨年秋から代理人が1名になっての活動、今春の市議会議員選挙と、大きな波を幾つも乗り越え、新たな体制で心機一転、歩みはじめました。

 これまで以上に皆さんとふれあえる場を求め、かつ機敏な活動ができるように、市民相談はじめ、市民の方に開かれた事務所でありたいと思っております。
 お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

今後ともよろしくお願いいたします。

事務所活動日
毎週 月・水・金 10時~15時半
※臨時変更になる場合もあります。ご容赦ください。





のだ新事務所

野田市野田312

(欅のホール近く 野田一番街角)

電話番号、FAX番号は変わりません。
最新の記事

******************

  
市民ネットワーク・のだ
2016年4月 通信118号


一面

●市長選●
   6/12投開票
  あなたはどうしますか?
◆さぁ!みんなで選挙に行こう!!
  6月 野田市 市長選挙

6月 市長選挙候補者公開質問状の回答は
こちらから    (5月16日)


  7月 参議院選挙
  東京直結鉄道頼み?
◆予算委員会から
 待機児童問題への対応
   具体的には?

二面
 ~3月議会レポート~
●野田市財政のこれから
    普通交付税が減額された理由
●平成28年度予算額
●政務活動費(市民ネット)収支報告
 野田市は議員1人辺り年額27万円交付

三面
 ~3月議会レポート~
●ソーシャルスクールワーカーの活用
 これからの教育現場には重要な取り組み
 子どもの人権を守り、支援することは、少子化・社会的損失をも予防します。

◇千葉県は不登校拠点校派遣型◇
◇大阪府吹田市:視察に行って直接お話を伺いました◇

四面
●小室みえこと市民ネットワーク
        《活動報告》
◇マイナンバー学習会 2/14 報告
◇立憲ネット研修会in沖縄 4/3~5 報告
  
******************
  ★お知らせ★
「未来を決める千葉の会・野田」発足!

「小西ひろゆきさん・浅野ふみ子さんが野田に来る!」

日時:5月28日(土)14:30~16:45
会場:欅のホール(第一、第二集会室)
主催:未来を決める千葉の会・野田

野党候補を応援します!
 予定が変更されることがあります。ご了承ください。

******************
★出張議会報告会します☆

ご近所、お仲間 2~3人からでもお声掛けください。あんなこと、こんなこと、ここだけの話など議会報告に小室みえこが伺います。

 お申込み・問い合わせ
  事務所 7123-6981 まで



 2016年度
市民ネットワーク千葉県
元気ファンド
 
市民ネットワーク・千葉県では、2004年から毎年市民活動を元気にするための、活動助成を行っています。
2016年度の募集要項ができました。
申請を開始しています。

詳しくは
市民ネットワーク千葉県のHPまで。

○締切:2016年9月30日(金)必着

○部門 市民活動・市民事業部門 上限30万円

○応募方法
HPから申請書をダウンロードし、所定の書類や資料を添付し郵送
過去の通信
市民ネットワーク・のだ通信
118号(2016.4
117号(2016.2)
116号(2015.10
115号(2015.7)
114号(2015.4)
113号(2015.2)
112号(2014.11)
111号(2014.7)
選挙臨時号(2014.5リーフレット)
110号(2014.4)
109号(2014.1)

それ以前
過去の議会報告
小室みえこの議会報告
2016年6月議会報告
2015年11月議会報告
2014年11月議会報告
2014年6月議会報告
2014年5月議会報告
2013年8月議会報告
2012年8月議会報告
2012年7月議会報告 市長選
2012年3月議会報告


それ以前
  放射能測定会を実施★

3.11原発事故発生直後の夏、子どもたちが遊ぶ公園や通学路など気になる場所の放射能測定をしました。測定結果はお気軽におたずねください。
(各支部で測った数値データもあります。)

また、昨年11月15日の野田市南部工業団地内における爆発事故を起こしたエバークリーンは、敷地内に放射能汚染された土を保管していることから、工業団地付近(山崎小学校周辺含む)の放射能測定も独自に行ないました。野田市行政機関も放射能測定を行っております。

放射線に関する疑問や不安がありましたら
どうぞお寄せください。
   


市民ネットワーク・のだでは・・・
 
日頃より、みなさんから野田のまちづくりについて様々な分野(福祉・環境・人権・教育など)の提案やご意見をお聞きしています。
これからも皆さんが日頃感じているご意見や疑問など、より多くの声をお寄せいただきたいと考えております。
また、街づくり協議会をはじめ、さまざまな活動の団体とも連携をとり、安心して暮らせる街づくりにより一層努めてまいります。
  ☆千葉県ネット通信☆

   
★88号 10月1日発行予定!★

1面
「本当に必要?ワクチン接種を考える~7歳までに40回」
・10月から始まるB型肝炎ワクチンの定期接種には、200億円の予算が使われる。
・接種する、しないは保護者の判断で。

2・3面
「参院選~2/3が意味するもの 憲法 カネ 地方自治」
・政府28兆円の経済対策を発表したが、国が補正予算で実質支出するのは4兆円のみ、しかも3兆円は建設国費で賄う。
・安倍政権がもくろむ憲法改正に対して、小西洋之議員と立憲ネットとネットが協力していく。
・沖縄の辺野古、高江で起きていることは、地方自治の危機。

「地域ネットから」
かしわネット・いちはらネット

4面
・びっくり県政~入江県議
・森田県政の検証(予告篇)
・お知らせ2件
「保坂展人さん講演会/10月22日」
「元気ファンド公開プレゼンテーション/11月17日」
・市民れんらく帳

この情報誌は、のだネット会員などに自動的に郵送されます。

また、ご希望の方は事務所まで。
 
■原発について

 アンケート調査を行いました
  (県ネット通信73号より)

市民ネットワーク千葉県では7月1日から県内各地の市民ネットワーク会員さん向けにアンケート調査を行いました。
原発と節電について、質問を郵送した2400人中約1割の238人が回答。結果は次の通り。

①原子力発電所について
1:現在の原発はすべて再稼働させず、廃炉とする。
→139人(58.4%)
2:電力需要を考慮して最小限の再稼働はするが、老朽原発から順次廃炉にし、脱原発社会をめざす。
→94人(39.4%)
3:安全性の確認ができた原発から再稼働させ、新規建設も認める
→5人(2.1%)

②節電について
1:多少の不便があっても積極的に協力したい。
→200人(84%)
2:生活上の不便があまりない範囲で協力したい。
→33人(13.8%)
3:節電の必要は感じない。→5人(2.1%)

~みなさんからのご意見~

・原発の最大の問題は高レベル放射性廃棄物の処理
・10万年も人間が安全に貯蔵管理できるはずはない
・人間の英知を結集すれば安全な代替エネルギーは開発できる
・エネルギー節減運動も必要
・原発はすべて廃炉とするのが理想だが、現実的には無理
・ほかのエネルギーの開発を進めながら廃炉にするのがベスト
 
野田市


傍聴におでかけください。 決算委員会もお勧めします!

  9月2日 開会 会期決定・議案上程。市長の一般報告

    9日 議案質疑

    12日・13日・14日 一般質問
     ※小室みえこの一般質問

    15日・16日 常任委員会

    20日・21日・23日 決算特別委員会

    28日 閉会 


議会活性委員会の成果として、「賛否が分かれたものについての議員別表決結果一覧(討論)」がインターネットに掲載されるようになりました。
本会議は勿論、常任委員会における賛否について また、討論を行った場合はアンダーバーが付き、委員会で行った場合は小さく委員会の「委」の表示が手ています。そこをクリックしますと、どのような理由をもって賛否を判断したかをご覧いただけます。

 
 文教福祉委員会より

~子ども・子育て支援法に関する条例の改正についての議案が出ました~

子ども・子育て支援法が、2012 年8月成立しましたが、その支援法77 条で「市町村子ども・子育て会議」の設置を「努力義務」としています。
多くの自治体では、「子ども・子育て会議」を設置ましたが、野田市では新たな設置を行わず、児童福祉審議会が担うとしました。
この法律は、財源を消費税の増税分を当てるとしていることや子どもの保育環境にしわ寄せがいくのではとの危惧があります。
「子ども・子育て会議」を設置し当事者の声を聴きながら十分審議する必要があるとして反対しました。


 「知っていますか?
    子宮頸がんワクチンの
           
 重い副反応」学習会 の報告

◇千葉県内でも重篤な副反応が出てしまいました◇
・・・参加者の声から・・・
・内容の濃い講演でした。
・参加者が少なかったことが残念、
 もったいないです。
・検診が大切。
・海外で実施しているような
 「受けやすい検診」の方法
 を取り入れてほしい。
 
市民ネットワーク千葉県は、地域の大事なことを行政や議会にお任せにせず、市民も政策決定や街づくりに参加しようという市民活動から始まった政治団体です。地域から政治を変えようと、県内8市で15人(県議2名・市議13人/2015年8月現在)の議員を送り出し、ともに活動しています。

○県内にある地域ネット
  ・ 市民ネットワーク・のだ
  ・ 市民ネットワーク・かしわ
  ・ 市民ネットワーク・ふなばし
  ・ さくら・市民ネットワーク
  ・ よつかいどう市民ネットワーク
  ・ 市民ネットワークちば
  ・ いちはら市民ネットワーク
  ・ きさらづ市民ネットワーク
 ★市民ネット 3つのルール

1、議員はローテーション
 
  市民ネットワークの議員は原則2期で交代し、地方議員を職業化、特権化しません。議員終了後は、市民活動などの経験を活かし政策参加を後押しします。

2、議員報酬を市民活動費に

  議員報酬を市民の調査活動資金に使っています。お金の流れはすべて公開しています。

3、選挙はすべて手作り・市民参加で

  市民による政治参加は、市民参加の選挙から。選挙は市民のカンパとボランティアで行います。


   
火事・放火が増えています

おだやかな天候の季節・・・

モクモクと枯葉を焦がす臭い???・・・
あれ?ゴム臭い?
ビニールゴミを燃やしてる??
灯油をかけて燃えにくいものまで燃やしてる???
まさか家庭ごみまで????

開け放たれた窓から、清々しい空気ならぬ、硝煙が!

通学路に行く手が霞んで見えなくなるくらいの煙が

皆さんご存知ですか?
「野焼き」は特例を除き犯罪行為とみなされます。

住宅付近での家庭菜園やご自宅のお庭の枯葉を、ついつい気にせず燃やしていませんか?
・・・ついでに・・・
紙ごみ、プラスティックごみもなんて・・・。

法令違反の罰金もさることながら、実はご近所トラブルの増加の一因にあげられるほどの迷惑行為です。

住居近くの野焼き被害により、アレルギーや気管支炎という病気を発症した事例も多くあります。

悪臭・煙が、干している洗濯物に染みついてしまい、洗濯をやりなおした・・・という経験はありませんか?


「ゴミ袋の消費を抑えるために、ゴミを焼いてしまう」という安易な考えで、燃やしてしまう方もいるようです。これは本末転倒!
大気汚染、地球温暖化・・・私達自身が、生活を工夫することで地球は守れるはずです。

ゴミ削減には、
コンポスト利用や、過度の梱包を避けるなど、具体的にいろいろな対策があります。
是非、ご一考ください。

最近、見つからなければいいと、夜中や明け方に火をつけてしまう方がいるという報告、苦情が寄せられています。
放火との誤認や、火事の元にもなり、とても危険な行為です。
  

みんなでのだの空気を守りましょう。


 
気持ちのいい空気を!

 
     ストップ!野焼き!



※知っていますか?※

ゴミ焼却場では、
水分を含むゴミを燃やす為に、燃料が過度に必要となっています。
ご家庭の生ごみを、
たった3日干すだけで、驚くほど堆積が減り、焼却場の燃料負担軽減にもつながります。

 是非みなさんの台所で出るごみを、一度干してみてください。

☆ベランダにも置けるコンポストの利用もおすすめです☆

                               
市民ネットワーク千葉県からのお知らせ

  ●元気ファン ド
 
2015年度は3団体への助成が決定しました。 
    【助成団体】
  特定非営利活動法人 つどい
  NPO法人 こどもユニットwakaba
  NPO法人 ワーカーズコレクティブ風車



  「元気ファンド」はわたしたちが議会に送り出した議員の議員報酬を市民活動に還元する非常に大事な活動の一つです。

(昨年助成した団体は応募できません。それ以前に助成したことのある団体で新規事業であれば応募できます。)

以下詳細
http://www.ken-net.gr.jp/about_fund/

市民ネットワーク千葉県は、地域から政治を変えようと県内10市で、県議2人市議11人を政策決定の場に送り、共に活動している政治団体です。
暮らしの中の問題・課題を解決するのが政治の役割ですが、そこには自発的な市民の参加が欠かせません。既存の枠組みにとらわれない新しい発想で、地域社会に必要なサービスを創りだす市民事業や市民活動は、地域社会のセーフティネットとして不可欠です。
このように市民社会を豊かにしようと地域で活動している市民団体・市民事業を支援します。
また、市民ネットワーク千葉県がこれまで実践してきた「参加型政治」を全国に広げるため、意欲ある女性や市民によるローカルパーティ(地域政党)の立ち上げを支援します。